Blog Index / Tips / TimeRexはじめの一歩(1)日程調整カレンダーを作成する

This page is only available in Japanese.

TimeRexはじめの一歩(1)日程調整カレンダーを作成する

TimeRexでは、まず「日程調整カレンダー」を作成して所要時間や移動時間などの設定を行い、そのURLを打ち合わせ相手に送ることで日程調整を行います。

TimeRexで日程調整を自動化しましょう

今までの日程調整には、

  • 自分のスケジュールをカレンダーで確認
  • 提案する日程候補の選定
  • 日程候補を仮予定としてカレンダーに登録
  • 日程候補をメールにまとめて相手に送信
  • 相手から日程確定連絡を受け取り、メールを返信
  • 仮予定を削除、確定した予定を登録

といった、多くの工程がありました。

TimeRexを使えば、

  • 日程調整カレンダーの作成
  • 相手に作成した日程調整カレンダーURLを送信

この2STEPで日程調整が完了します。

STEP1:日程調整カレンダーを作成してみましょう

日程調整カレンダー作成アニメーション

ログイン後「日程調整カレンダー作成」ボタンをクリックし、

  • 日程調整カレンダー名
  • 所要時間
  • 移動時間
  • Web会議設定

の4つを入力するだけで、かんたんに日程調整カレンダーの作成が完了します。

すぐに調整する予定がない方は、次のワークショップを活用してください。

日程調整カレンダー作成ワークショップ

よくある60分の打ち合わせ用に汎用的な日程調整カレンダーを作成してみましょう。

日程調整カレンダーの4つの設定項目は次のようになります。

  1. 日程調整カレンダー名:お打ち合わせ
  2. 所要時間:60分
  3. 移動時間:0分
  4. Web会議設定:利用しない

日程調整カレンダーの基本設定

STEP2:日程調整カレンダーを送ってみましょう

作成が完了したらURLコピーボタンをクリック

日程調整カレンダーの作成ができたら、日程調整カレンダー確認ページやダッシュボードからURLをコピーし、メールなどで日程調整相手に送ります。

今すぐ調整する予定がない方も、一度ご自身でテストしてみましょう!

テストで日程調整を行う場合、ログアウトした状態またはシークレットブラウザでURLにアクセスすると、日程調整相手と同じ表示でご確認いただけます。

ログイン状態で日程調整カレンダーを確認するときの注意

ログイン状態や「ページを表示」ボタンから日程調整カレンダーを確認すると、あなたの連携カレンダーに登録されている予定も表示されます。

日程調整相手にはあなたの予定は見えないので、ご安心ください。

またその状態で日程調整をすると、あなたの日程調整カレンダーからあなたが日程調整をすることになるので、連携カレンダーには予定が2つ登録されます。

日程調整カレンダー確認については、下記のサポートページもご参照ください。

作成した日程調整カレンダーを確認する

Automate Business Scheduling

TimeRex accelerates your business by automating your scheduling.