Blog Index / Tips / 予定が空いていても予約を受け付けない曜日や時間帯の設定方法(営業時間・定休日・昼休みなど)

This page is only available in Japanese.

予定が空いていても予約を受け付けない曜日や時間帯の設定方法(営業時間・定休日・昼休みなど)

予定が空いていても予約を受け付けない曜日や時間帯の設定方法(営業時間・定休日・昼休みなど)

TimeRexでは毎週固定で予約を受け付けたくない曜日や時間帯がある場合、「予定が空いていても日程候補を表示しない」という設定が可能です「予定が空いていれば深夜でも予約できるの?」と心配な方、「土日や定休日、昼休みに予約を受け付けたくない」方はぜひ曜日と時間帯の設定をご活用ください。

デフォルトの営業時間・営業日を設定する方法

アカウント設定にある「スケジュール」メニューで、デフォルトの営業時間・営業日を設定することができます。

土日や定休日などの予約を受け付けたくない曜日は、曜日の左側にあるチェックを外してください。

デフォルトの営業時間・営業日を設定する方法

日程調整カレンダーごとに営業時間・営業日を設定する方法

日程調整カレンダー作成時、「日程候補として提示する曜日と時間帯」の項目には前項のスケジュールメニューで設定した内容が反映されています。

デフォルト設定から曜日と時間帯を変更したい場合は、日程調整カレンダーの詳細設定にある「日程候補として提示する曜日と時間帯」の項目で設定します。

「日程候補として提示する曜日と時間帯」は日程調整カレンダーごとに設定可能です。

日程調整カレンダー(デフォルト値)

時間帯を変更したい曜日を選択し、時間を入力します。
他の適用したい曜日にもチェックを入れて保存すると、一括で設定できます。

日程調整カレンダーごとの曜日と時間帯

この「日程候補として提示する曜日と時間帯」で設定した内容をもとに、連携カレンダーの予定を反映して日程候補を表示します。

昼休みに予約を受け付けない方法

「日程候補として提示する曜日と時間帯」は複数設定できます。
複数設定することで、昼休みは日程候補を表示しないことが可能です。

例えば12:00〜13:00が昼休みで予約を受け付けたくない場合は、曜日を選択し、「時間帯を追加」クリックしてください。

時間帯を追加

1つ目の時間帯を12:00までにし、2つ目の時間帯を13:00からと入力します。

時間帯を追加_2

昼休みを設定したい他の曜日にもチェックを入れて保存し、日程調整カレンダーを更新すれば設定完了です。

更新後は、連携カレンダーで予定が空いていても日程調整ページで日程候補は表示されません。

昼休みを設定した日程調整カレンダー

よくある質問

複数人が参加する日程調整カレンダーで、メンバーごとに営業時間がバラバラの場合はどうすれば良いの?

異なる営業時間のメンバーを1つの日程調整カレンダーで調整する場合、それぞれの連携するカレンダーで予約を受け付けたくない時間帯に予定を登録し、日程候補として表示されないようにしてください。

アカウント設定にある「スケジュール」メニューは、そのユーザーが日程調整カレンダーを作成する際のデフォルトの曜日と時間帯を決めるための項目です。

日程調整時には、スケジュールメニューの内容ではなく、日程調整カレンダーで設定した「日程候補として提示する曜日と時間帯」の項目をもとに日程候補が表示されます。

営業時間が違う3人のメンバーが参加者となる例

営業時間が異なるメンバーから「誰か1人が参加」する日程調整を実施したい場合、日程候補として提示する曜日と時間帯」では全員の営業時間をカバーできるように設定します。

【Aさん】営業時間 平日09:00〜16:00
【Bさん】営業時間 平日11:00〜18:00
【Cさん】営業時間 土日12:00〜17:00

上記3人の場合、「日程候補として提示する曜日と時間帯」は全員の営業時間をカバーできる「日〜土曜日の09:00〜18:00」になります。

そして、それぞれの連携カレンダーに自分の営業時間外には予定を登録してください。

このように、日程調整カレンダーの「曜日と時間帯」設定と連携するカレンダーでの予定登録で、異なる営業時間のメンバーでも日程調整を実施することが可能です。

 

Automate Business Scheduling

TimeRex accelerates your business by automating your scheduling.