Blog Index / Tips / ゴールデンウィークや年末年始の長期休暇に予約を受け付けない方法

This page is only available in Japanese.

ゴールデンウィークや年末年始の長期休暇に予約を受け付けない方法

ゴールデンウィークや年末年始の長期休暇に予約を受け付けない方法

1年の中にはゴールデンウィークやお盆、年末年始等、多くの連休があります。
大型連休にあわせて休暇を取得し、仕事のことは忘れてリフレッシュされる方も多くいるのではないでしょうか。

TimeRexでは、
・祝日は予約を受付けない設定
・連携カレンダーに直接予定を入れる設定
により、「祝日や長期休暇には予約を受付けない」という設定が可能です。

「祝日は会社が休業なので予約停止したい方」や「長期休暇の間はアポイントを一時停止したい方」はぜひこの設定をご活用ください。

祝日には予約を受け付けない設定

予約を受け付けない対象の日が日本の祝日である場合、祝日には予約を受け付けない設定をすることで、祝日中の予約受付を停止することができます。
祝日には予約を受け付けない設定は、全てのプランにてご利用いただけます。

日程調整カレンダー編集ページ内、詳細設定の「祝日は予約を受け付けますか?」を「受け付けない」とご設定ください。

祝日には予約を受け付けない設定

連携カレンダーに直接予定を入れて日程候補を出さない設定

TimeRexはGoogleカレンダー・Outlook予定表と連携して日程候補を提示するツールです。
そのため、長期休暇等で特定の日付の受け付けを停止したい場合は、連携カレンダーで対象の日に予定を登録することで、その日の予約受付を停止することができます。

アカウント設定の連携カレンダー内、「終日予定が入っている日も予定を受け付けますか?」の設定状況により方法が異なります。

終日設定の確認方法

(1)終日予定が入っている日は予定を「受け付けない」にしている場合

連携カレンダーにおいて、予約受付を停止したい対象の日に終日予定を登録してください。
終日予定を登録した日は、TimeRexの日程候補として表示されません。

連携カレンダーに終日予定を登録する

(2)終日予定が入っている日も予定を「受け付ける」にしている場合

終日予定を無視する設定であるため、終日予定以外の形で登録する必要があります。
連携カレンダーにおいて、予約受付を停止したい対象の日に、TimeRexでの受付開始時間から終了時間までをカバーできるよう、予定を登録してください。

TimeRex上での受付時間を10:00~19:00にしている場合は、連携カレンダーの10:00~19:00に予定を登録する必要があります。

連携カレンダーに時間指定で予定を登録する

適切な設定により快適な休暇を送りましょう

今回は祝日や長期休暇等の大型連休中に予約を受付けない方法について、設定方法をお伝えしました。TimeRexの祝日設定や、連携カレンダーに予定を登録する方法等を利用し、快適な休暇を過ごしましょう。

TimeRexにログイン

 

 

 

Automate Business Scheduling

TimeRex accelerates your business by automating your scheduling.