Blog Index / New Features / ワンタイムURL機能をリリースしました

This page is only available in Japanese.

ワンタイムURL機能をリリースしました

ワンタイムURL機能をリリースしました

1回だけ利用できる日程調整カレンダーURLを発行する、ワンタイムURL機能をリリースしました。

ワンタイムURLを利用すると、Web会議連携やメッセージなど日程調整カレンダーの設定はそのままに、1回だけ日程調整を実施することができます。
ワンタイムURLから1度日程調整が行われると、そのURLは期限切れとなります。

これにより、「過去に案内したURLから、ふいに日程調整されることを防ぎたい」「相手との日程調整回数に1回だけという上限を設けたい」などのご要望を実現することが可能になりました。

ワンタイムURL機能は、ご登録いただいているプランにかかわらず全てのTimeRexユーザーでご利用可能です。

ワンタイムURL利用シーン例

採用面接

応募者ごとにワンタイムURLを発行することで、面接終了後の意図しない日程調整を防ぐことができます。

商談

お客様とのお打ち合わせごとにワンタイムURLを発行することで、過去にURLをご案内したお客様から突然の日程調整を防ぐことができます。

カスタマーサポート

「初回無料サポート」など、回数を制限したい日程調整時にご活用いただけます。
※TimeRex上でどの相手と何回日程調整したかを集計する機能はございませんので、別途管理が必要です。

ワンタイムURL利用方法

ダッシュボードでワンタイムURLを発行したい日程調整カレンダーの「ワンタイムURL」をクリックすると、ワンタイムURLが発行されます。

詳細については下記サポートページもあわせてご参照ください。
ワンタイムURL機能

最後に

TimeRexでは今後もユーザーのみなさまの声を積極的に取り入れていきたいと考えております。
機能面やデザイン面など、些細な点でもなにか気になることがございましたら、お気軽にお伝えいただければ幸いです。

今後とも、TimeRexをよろしくお願いいたします。

Automate Business Scheduling

TimeRex accelerates your business by automating your scheduling.